通信制高校の勉強形式

通信制高校からクリエイターに

  • トップ /
  • 通信制高校からクリエイターに

通信制高校で強みを伸ばす

2人の女性

通信制高校は普通科とは違い、朝早くから夕方頃まで勉強するといった形式ではないので、一般的な高校生に比べると時間の工面が自由自在です。そのため、ゲームが好きな子供の場合は没頭しても良いわけです。しかし、世間的にそういった時間の使い方はあまり好ましいとは思われていません。ところが、一概に良くないと言い切れる問題ではなく、遊びであっても好きな事に集中できたからこそ、最終的にクリエイターになり世界に名を知らしめる存在になった方も居るのです。こうした事例のように、通信制高校に行くことで好きなことで大活躍できる人材なれるチャンスがあります。

ゲーム機での勉強が定着してくる

本来はゲーム機であるニンテンドーDSで、勉強用ソフトが販売されています。漢検ソフトや英語学習ソフト、eco検定学習ソフトなど、そのソフト数は年々増えてきています。ソフト販売が増えているだけあり、購入者も多いという背景があります。以前行われた調査で、社会人が勉強を行う際、どのような電子機器を使うかというアンケートが行われ、ニンテンドーDSが非常に多くの方から利用されているという結果が得られた情報もあります。もはや、ゲーム機という範疇を超え、モバイルツールとしての活用が進んでおり、その利用方法は社会人にとっては多様となってきています。

↑PAGE TOP